現代病の1つ、鬱の原因や症状。誰にでも起こりえる事

カウンセリングベストガイド

身近な人が発症したら

鬱病は現代病なのです

鬱病は現代人なら誰しもが発症してしまうかもしれない病気です。 既に社会出て労働に従事している人はもちろんのこと、中高生のような未成年でも鬱病を発症してしまうことがあるため自分とは一生無縁だと思っていた人の身近な人間が鬱病だったなんていことも往々にしてありますので決して自分は無縁だと高を括らないほうが無難です。 鬱病は精神疾患なので、基本的な症状としては情緒不安定な精神状態などになったりします。 強迫性障害を抱えているような精神状態になってしまうことが多く、言動も自虐的なものから加害的なものまで様々です。 もし、身近な人がこの様な症状を発症してしまったら戸惑ってしまうのは当然ですが、表に出して取り乱してはいけません。

症状とどう接するのか

鬱病を発症した人の症状とどう接するのかというのは非常に大切なことです。 自分だけではなく相手の将来にも関わることなので腰を据えて対峙しましょう。 まずは、例え自分では理解できない奇行や言動を言い放っても、相手に見える形で動揺してしまうのはいけません。 鬱病を発症したといっても知能が低下しているわけでも、感受性が低下しいているわけでもないので敏感に周囲の変化や言動を察知します。 肝心なのは拒絶せずに受け入れることです。 感情の起伏が激しくなっているため、拒絶されたと感じた場合は鬱病の症状が悪化してしまう可能性がありますので、薬を服用している場合でも寛容的に対応し、自傷癖を患っている場合でも理解を示してあげることが大切です。 ただ、甘やかすだけでは両者とも駄目になってしまう可能性があるため双方で目標のようなものを決めることが肝心だといえます。

鬱を感じる時人は辛くなる

私たちが生活していくなかで、いろいろなことに遭遇するのが人生であります。 そのことに、時には押しつぶされそうになることも多々とあります。 それでも辛いことに負けることなく、毎日を歩んでいかなければなりません。 人生に、なにもない人はいません。 もしもいるとすれば、その人は悲しい人です。 世の中は、いろいろとある方がよいのです。 あとになって、人生を全うできたと言えます。 その出来事の度合いにもよるのですが、荒波が強いほど得るものは大きいと言えます。 時に人は、それに耐えられないことがあります。 辛さゆえに、そのことから逃げ出したくなるのです。 逃げるに逃げられない状況に追い込まれますと、鬱になります。 鬱は人のやる気を奪い、心をかき乱します。

精神的に辛い時は医療機関を利用する

鬱の症状を抱えますと、人は辛い気持ちになります。 自分自身をコントロールすることができなくなり、鬱と闘い続けることになるのです。 体がとても重たく感じ、勇気や希望といったこともなくなります。 すべてのことにやる気が失せて、なげやりな気持ちを持つようになるのです。 そんな自分自身が嫌になり、すべてを放棄します。 それらは独特な鬱の症状であり、自分の意志でどうなるものではありません。 鬱の症状を強く感じましたら、専門家を訪ねてみる必要があります。 自分自身がその症状に一番気づくことでありますから、迷うことなく治療に取りかかるといったことが必要であります。 鬱の症状は、医療機関や心理カウンセラーに相談することで軽減してくるのです。

脳神経の病気

脳神経の病気ともいわれている鬱、ストレスなどによって心のバランスや脳内の分泌のバランスが崩れてしまうことで引き起こされると言われており、投薬治療の他、家族や同僚などのサポートも必要な病気です。

read more

改善するまで

鬱は発症してしまうとなかなか改善するまでの時間が長いことでも有名な病気です。そのため、長く症状と付き合っていく必要があるものであり、症状に合わせて薬の服用方法などが変わってくるものでもあります。

read more

非定型のもの

非定型鬱病と呼ばれるものがあります。これは典型的な鬱とは異なり、食欲増進や体重増加などの症状が見られる事があります。心の病気でもある鬱は専門の相談機関や医療機関を利用する事が理想的です。

read more

困難な病気

困難な病気のひとつである鬱は、症状が出始めても自分で気づくことが難しいです。だからこそ周りの人間が気づき、専門の相談機関で治療を受けるように促したり、治療のサポートを行うことが重要だと考えられています。

read more

基本の症状

鬱には基本的な症状があります。それは自尊感情の低下だと言われており、感情が欠落することで日常生活に支障をきたすと考えられています。病院で治療を受け、ゆっくりと休むことが大切です。

read more